TOP > 人生を彩るリストウェア > 丸の内がデートに最適な理由とは?おすすめの楽しみ方

人生を彩るリストウェア

丸の内がデートに最適な理由とは?おすすめの楽しみ方

20-02-20

オフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内エリア。一見、堅苦しそうなイメージではありますが、意外にもデート向きの場所は数多く存在します。2人で出かければ、カジュアルなランチを楽しんだり、大人っぽく夜のイルミネーションを見ながら食事をしたり、ショッピングの後に疲れた足を休めながら自然を眺めて癒やされたりして、ロマンチックで充実したひと時を楽しむことができるでしょう。
この記事では、丸の内でのデートの楽しみ方をご紹介します。

【目次】
1.丸の内がデートスポットとしておすすめの理由
2.丸の内デートの楽しみ方
3.プレゼントにぴったりなKnotおすすめの腕時計
4.アフター5のデートは丸の内で

丸の内がデートスポットとしておすすめの理由

丸の内は都内屈指の自然に囲まれたエリアでありながら、オフィスや商業施設も数多く存在する不思議な街です。ここでは丸の内に関する基礎知識や、デートスポットに向いている理由をお伝えします。

丸の内の特徴

丸の内とは、皇居東御苑から東京駅までの一帯を指します。北は大手町駅、南は日比谷駅や有楽町駅に接したエリアで、住所で言うと「東京都千代田区丸の内」の範囲内です。東京を代表するビジネス街のひとつなので、平日はビジネスパーソンが忙しく行き交います。一方で大型商業施設も多く、休日も賑わいを見せています。また、高層ビル群とともに、皇居外苑をはじめとする自然の多いエリアや、歴史を感じさせるレンガ造りの建物が残されている点も特徴です。

丸の内がデートに向いている理由

丸の内周辺には、おしゃれなレストランやカフェが入った大型商業施設やホテルが多く、美味しいランチやディナーを堪能できます。また、高級ブランドやセレクトショップが立ち並んでいるため、ショッピングを楽しむことも可能です。
さらに、緑の多い皇居のほか、美術館や博物館などの文化施設もあります。つまり丸の内は話題の店が集まるホットスポットでありながら、同時に心休まる自然や文化施設を併せ持つ多様な魅力のある街だということです。それらすべてを徒歩圏内で楽しめる上、趣味嗜好の違いに幅広く対応できるところがカップルに支持されている理由と言えます。

丸の内デートの楽しみ方

デートスポットとしての魅力が詰まった丸の内。ここでは何度でも楽しみたい、代表的な4つのデートプランをご紹介します。

レストランでグルメを楽しむ

丸の内はオフィス街のため、ビジネスパーソンをターゲットにしたおしゃれな飲食店がたくさんあります。東京駅周辺の大型商業施設にも話題のレストラン、カフェが入っています。和食、イタリアン、フレンチ、中華といった定番だけでなく、ロシア料理やシンガポール料理など、いつもとちょっと違う国の料理を2人で味わってみるのはいかがでしょうか。また、口コミのランキングサイトなどで評価の高い店が密集しているのも丸の内エリアの特徴です。大人のデートを演出したいなら、ビルの上階にあるレストランやバーで夜景を見ながらディナーを楽しんでも良いでしょう。

夜景スポットに連れて行く

高層ビルや大型商業施設の中には展望テラスがあったり、屋上が庭園になったりしているところがあります。見晴らしの良い場所からオフィスビル群とライトアップされた駅舎が織りなす東京の夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか。ただし、休日・祝日は稼働しているオフィスが少なく、ビルの明かりも消えてしまうため、平日の夜21時頃までに出かけるのが良いでしょう。

皇居外苑に行く

爽やかに晴れた日なら、自然を満喫できる皇居外苑がおすすめです。ベンチや無料休憩所が各所にあるので散歩に疲れたら足を休めることもできますし、お腹がすいたら食事ができる施設もあります。皇居外苑で特におすすめなのが和田倉噴水公園です。行幸通りから皇居外苑のお堀を越えてすぐの北側に位置する公園で、テラス席のある無料休憩所を備えています。稼働する三基の噴水は日没から20時頃(夏季は21時頃)までライトアップされ、併設のレストランでディナーを楽しみながら観賞することも可能です。
お互いにスポーツ好きなカップルであれば、皇居ランにトライしてみてはどうでしょうか。1周約5キロある皇居の周りは車道を横切る必要もなく、また反時計回りで走ることがルールとなっているため、逆走するランナーとぶつかることもなく安全です。近年では手ぶらで楽しめるよう、ランニングステーションと呼ばれる施設が近隣に点在しています。有料のロッカーやシャワーが整備されている上、ウェアやシューズの貸し出しを行っており、女性専用のパウダールームを用意している施設もあります。

ショッピングを楽しむ

東京の玄関口の名にふさわしく、東京駅周辺は百貨店や大型商業施設、ブランド品から小物や雑貨を扱うショップまで大小さまざまなお店が軒を並べています。見て回るだけでも楽しめますが、店内で恋人と話しながら商品を選んで購入する時間はかけがえのないものです。男女ともに身に着ける腕時計なら、どちらかが退屈することもないでしょう。Knot丸の内ギャラリーショップは時計店としては珍しく、商品がガラスケースに入っていないフルオープンスタイルのお店です。実際に触って、目で確かめて楽しみながら腕時計選びを楽しめます。本体とストラップを選ぶカスタマイズのパターンは1万通り以上あり、ケースや文字盤だけでなく、針やリューズまで細かく選択可能です。2人でカスタムオーダーした腕時計なら、大切な記念品となるでしょう。また、Knotは日本の伝統技術をリストウェアの形で世界に届ける「MUSUBUプロジェクト」を展開しており、賛同する「MUSUBUパートナー」の職人たちの手によるKnotオリジナルレザーグッズも販売しています。ショップは東京駅と皇居外苑の間に位置しているので、腕時計を購入してから次のデートスポットへもスムーズに移動できます。ワークショップを開催する日もありますので、興味のある人はお問い合わせください。

Knot丸の内ギャラリーショップ
住所:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル 1F (GoogleMapで見る
営業時間:11:00 ~ 20:00
電話番号:03-3201-5725

丸の内ギャラリーショップ

プレゼントにぴったりなKnotおすすめの腕時計

腕時計は日常使いすることが多く、大切な人に贈っても、喜ばれやすい商品です。ここではKnotのラインナップから、彼女にプレゼントしたいおすすめモデルをご紹介します。

レディースソーラー CS-32

女性の細い腕によく映えるよう、エレガントで小さなフォルムでありながら視認性を重視したモデルです。快適な着け心地を実現するため、厚みも7mmと薄く、重さも20g以下になっています。ソーラームーブメント採用により面倒な電池交換も不要です。一般的なオフィスの照明なら、約70分で1日分の充電を確保できます。この時計に組み合わせるストラップは、レザーなら鮮やかな色と腕になじみやすい弾力性を持つ「姫路セミグレインレザー ストラップ」、華やかな印象を加えたいならメタル素材の「ミラネーゼメッシュ」がおすすめです。image

SQ-32 スクエア

目を引きやすい正方形の腕時計です。サイズは32mm四方で、日本人の腕を美しく魅せるように設計されています。小ぶりで重さも25gとコンパクトな付け心地です。アラビア数字の文字盤で見やすさも追求。日常生活防水加工も嬉しいポイントです。
この時計に組み合わせるストラップとしては、ドレッシーなフォーマルスタイルにも合うデザインの「栃木レザー トラディショナルシェイプストラップ」や、艶のあるフェミニンなカラーが人気の「クロコダイルスタンパードストラップ」がおすすめです。また、日本の伝統工芸の素材を採用して個性的に仕上げた「岡山 髙田織物 畳縁ストレートシェイプストラップ」や「京都昇苑シルク くみひも」ストラップも良いでしょう。

image

アフター5のデートは丸の内で

休日に海や遊園地など、非日常的な場所に出かけるデートは刺激的ですが、日常の延長線上である仕事帰りの短い時間に恋人と会うのも楽しいものです。丸の内はオフィス街でありながらデートスポットの多いエリアなので、日常的なカジュアルデートに向いています。特にKnot丸の内ギャラリーショップは、アクセスも東京駅からほど近く、腕時計本体を触りながら選べる時計店のため、大切な記念品を手に入れたいカップルにぴったりです。レストランやバーも多いので、時計を買った後に近くでディナーや夜景を楽しんでも良いでしょう。