TOP > 人生を彩るリストウェア > 腕時計の電池交換の値段は?交換するのに適切なタイミングと方法

人生を彩るリストウェア

腕時計の電池交換の値段は?交換するのに適切なタイミングと方法

19-01-31

腕時計には大きく分けて、機械式クオーツ式の2種類があります。このうちクオーツ式の腕時計は電池で動くため、一部の種類を除いて定期的に電池交換が必要です。では、クオーツ式腕時計の持ち味である時刻表示の精度の高さを維持するためには、どのタイミングで電池交換を行えば良いのでしょうか。この記事では、腕時計の電池交換のタイミングや電池交換を依頼できる場所、値段の相場などをご紹介します。

【目次】
1.腕時計に電池交換は必要か?
2.腕時計の電池を交換する方法と値段の相場
3.電池交換が不要なKnotのソーラー腕時計
4.腕時計の寿命を延ばしたいなら電池交換はプロに依頼を

腕時計に電池交換は必要か?

そもそも、なぜ腕時計に電池交換が必要なのでしょうか。ここでは、電池交換が必要な腕時計の見分け方と、電池交換を行うタイミングについてお伝えします。

●電池交換が必要な腕時計のタイプ
電池を動力として動くクオーツ式時計は基本的に電池交換が必要です。ただし、使い捨てタイプのクオーツ腕時計の中には、電池交換ができないものもあります。また、太陽光などによって充電されるソーラータイプのクオーツ式時計は基本的に電池交換が不要です。
一方、ゼンマイが解ける力を利用して動く機械式時計には電池が内蔵されていないため、電池交換は必要ありません。

●電池交換のタイミング
電池交換を行うタイミングとしてわかりやすいのは針が止まったときでしょう。クオーツ式時計の電池は購入から2~3年程度で切れるのが一般的です。ただし、クロノグラフのようなプラスαの機能が搭載されている腕時計は、機能を利用するときに電力を消費するため、電池切れが早くなる可能性があります。
また、いきなり針が止まるのではなく、次第に遅れ始めて正確な時刻を示せなくなったり、秒針がおかしな動きをし始めたりしたら電池切れの予兆と考えて良いでしょう。例えば、時刻が腕時計の性能表に書かれた平均月差よりも大きくずれる、針が2秒に一度しか動かないといった症状が現れたときは電池切れが近づいていると考え、電池が切れる前に電池交換を行いましょう。

●腕時計の電池を交換するメリット
電池切れになる前に早めに電池交換をしていると、故障などがない限り、愛用の腕時計を長く使い続けられます。また、電池交換と併せて部品を定期的に修理、交換すれば、さらに寿命を延ばせる可能性もあります。

腕時計の電池を交換する方法と値段の相場

腕時計の電池を交換するには、どこに依頼すれば良いのでしょうか。ここでは、電池交換ができる場所や費用の相場をお伝えします。

●電池交換ができる場所
・腕時計専門店(メーカー)
価格よりも安全性や品質を重視したい人は、購入した腕時計専門店(メーカー)に依頼するのがおすすめです。メーカーは時計修理店などに比べて電池交換にかかる値段は高めですが、自社製品なので扱いに慣れており、安心して任せられる上、電池交換時にパッキンの点検や交換を依頼できたり、性能テストや検査などを行ってくれたりします。
また、メーカーでは電池交換後すぐに何らかの事情で時計が止まってしまった場合に、無料もしくは低価格で腕時計の修理や部品交換をしてくれるところもあります。
ただし、念入りに検査などを行う分、腕時計の預かり期間は長めです。腕時計が手元に戻るまでに2週間近くかかるメーカーもあるので、すぐに使いたい人には向きません。

・時計修理店
費用とスピードのどちらも重視したいという人は、腕時計修理の専門店に電池交換を依頼すると良いでしょう。時計修理店では比較的安価に、短時間で電池交換をしてくれます。
ただし、低価格が売りの時計修理店では、メーカーのような性能テストや検査までは行わない店舗がほとんどです。そのため、防水性などが落ちる可能性も少なからずあることを理解しておきましょう。

・大手家電量販店、ホームセンター
とにかく価格が安ければ良いという人は、大手家電量販店やホームセンターなどにある時計売り場で電池交換を依頼しましょう。店舗の販売員が作業する場合が多いので、メーカーに依頼するときと比べて仕上がりは劣る可能性がありますが、リーズナブルかつスピーディに電池交換ができます。時計修理技術士が常駐しているお店なら、比較的技術力も高いので安心です。
ただし、海外ブランドの腕時計や特殊な形状をしている腕時計の電池交換には対応していないこともあるので、事前に電話して電池を交換してもらえるか確認しましょう。

●電池の交換費用の目安
電池の交換費用は依頼先によって異なります。Knotの腕時計の電池交換費用は、基本技術料金+部品代金で2,000~2,500円程度です。この代金の中には、電池交換だけでなく、基本的な内部清掃と防水検査も含まれています。

電池交換が不要なKnotのソーラー腕時計

自分好みの腕時計にお気に入りのストラップを組み合わせて、オリジナルの腕時計をカスタムオーダーできるKnot。ここでは、電池交換が面倒な人にもおすすめのソーラーウォッチを2本ご紹介します。

TS-36 チタニウムソーラー/18,500~19,500円
重さわずか21.5グラムで、着けていることを忘れてしまいそうなほど軽量な「TS-36 チタニウムソーラー」。チタニウムはステンレスに比べて軽く、金属アレルギーを起こしにくい素材です。ケースサイズは幅36ミリメートル、厚さ8.5ミリメートルで、インデックスには視認性の高いアラビア数字が使用されています。また、47分間の充電で24時間駆動する、電池交換不要のソーラームーブメントを搭載しています。日常生活用強化防水機能付きで水場の多いアウトドアや、汗をかくアクティブなシーンでも安心して使用できるでしょう。

image
レディースソーラー CS-32/16,500~17,500円
「レディースソーラー CS-32」は快適な着け心地とエレガントなデザインが魅力の腕時計です。風防には、丈夫で傷がつきにくいサファイアガラスを使用し、女性から要望が多いカレンダー表示機能も搭載しています。1日の駆動に必要な電気量を約70分(明るさレベル500ルクスの場合)で充電できる、ハイスペックなソーラームーブメントを採用しています。ケースは 幅32ミリメートル、厚さ7ミリメートル、重さ19.5グラム。日常生活防水機能付きで、日常生活での汗やにわか雨、洗顔時の水滴などに耐えられます。ドレスウォッチに多く採用されるローマ数字とバーのコンビネーションインデックスによって、見やすく上品な文字盤に仕上がっています。女性らしいエレガントなソーラー腕時計は、オフィスやフォーマルなど幅広いシーンで活躍するでしょう。
image

腕時計の寿命を延ばしたいなら電池交換はプロに依頼を

腕時計の電池交換は、工具と部品、それに加えて多少の知識があれば自分ひとりでもできます。しかし、腕時計を傷つけずに蓋の開閉や電池交換をするには技術が必要です。また、交換方法に間違いがあると、防水機能の低下を招いたり、腕時計が動かなくなったりする可能性があります。さらに、自分で電池交換をすると故障時のメーカー保証を受けられなくなります。大切な腕時計の電池交換は、値段が多少高くなったとしても、信頼できるプロに任せるのが良いでしょう。