TOP > 人生を彩るリストウェア > 浴衣デートにおすすめ!男性がエスコートする際に必要な小物とは?

人生を彩るリストウェア

浴衣デートにおすすめ!男性がエスコートする際に必要な小物とは?

20-02-06

夏は花火大会やお祭り、七夕などのイベントが多く、浴衣デートをしたいという方も多いでしょう。そこで普段着とは異なる浴衣を着る際には、格好だけでなく持ち物や身に着けるアイテムにも気を配ると、より新鮮な気持ちで二人だけの時間を楽しめるかもしれません。

今回はそんな浴衣デートでの必需品と浴衣に合う腕時計やストラップをご紹介します。

【目次】
1.浴衣デートにおける男性の必需品
2.浴衣デートには腕時計がおすすめ
3.浴衣に合わせやすいKnotの組紐ストラップ
4.浴衣デートはお気に入りの腕時計を身に着けて

浴衣デートにおける男性の必需品

まずは浴衣デートでの男性の必需品を見ていきましょう。自分の必要なものだけでなく、女性が必要になるかもしれないものも持っていくのがポイントです。

財布

夏祭りや花火大会では屋台で食べ物や小物を購入する機会は多いので財布は必要です。また、これらのイベントでは食べ歩きをする、景品などをもらうことで手荷物が増えるため、小ぶりな小銭入れを持って行くのが良いでしょう。

携帯電話・スマートフォン

人ごみでははぐれてしまう恐れもあるため、連絡手段を確保するという意味で携帯電話・スマートフォンは必需品です。また、写真を撮る機会も多いことから、素早く取り出せるようにしておくと良いでしょう。長時間外で行動する場合は念のため外付けバッテリーを準備し、持参するのもおすすめです。

腕時計

混雑した野外では周辺に時計がないことも多く、時間をすぐに把握できる腕時計を持って行くことも必須です。また、浴衣姿に合ったおしゃれな腕時計を身に着けていくと女性からの印象がアップする可能性があります。

扇子

デートスポットは多くの人で混雑する上に、夏は夕方以降でも気温や湿度が高い状態が続くことため、涼むための道具を持って行くと便利です。お祭りや花火大会では帯の後ろにうちわを挿している人を多く見かけますが、扇子のほうがおしゃれで大人らしい雰囲気を演出できるでしょう。

ハンカチ・ウェットティッシュ

花火大会やお祭りでは屋台料理の食べ歩きも大きな魅力です。食べ歩きをする際にハンカチをさりげなく差し出せると手を拭くことができ、相手に良い印象を与えられます。また、ウェットティッシュがあれば汗を拭き取ったり、屋台の汚れたテーブルを拭いたりすることも可能です。

絆創膏

下駄を履いた状態で長時間歩いていると、下駄の鼻緒があたる部分を痛めてしまうこともあります。そんなときに絆創膏を持っているとすぐに対処ができるでしょう。また、絆創膏には虫刺されなどの応急処置でも使用できます。

ビニール袋・エコバッグ

人ごみの中を歩いているとゴミ箱をすぐに見つけられず、食べ歩きで出たゴミで両手が塞がってしまうこともありますが、ビニール袋やエコバックを持っていればゴミをまとめることができます。また、取った景品を入れる、彼女の荷物などを持ってあげる際に使うとスマートな印象を与えられるでしょう。

虫除けスプレー

浴衣を着る際には、足を出す、髪の毛をアップにしてうなじが出すことが多く、普段の服装に比べて蚊に刺されやすくなるため、虫よけスプレーも持って行くと良いでしょう。ちなみに、女性が浴衣を着る際に持ち歩く巾着には虫よけスプレーが入らないことが多く、彼氏が持っていると印象も良くなります。

 

浴衣デートには腕時計がおすすめ

浴衣に腕時計は合わないと考える方も多いでしょう。そこで浴衣デートでは腕時計を身に着けるのがおすすめの理由をご紹介します。

浴衣デートに腕時計を着けたほうが良い理由

男性のパーツの中で腕が好きという女性は多く、これは女性が血管の浮き出た腕などの自分が持っていないものに男らしさを感じ、キュンとするといわれているからです。スマートフォンではなく腕時計で時間確認したほうが、自然に腕をアピールできること間違いないでしょう。

浴衣と腕時計の考え方

日本では着物が主流だった時代には腕時計がなく懐中時計を携帯していたため、現在でも和装をするときの腕時計の装着はNGであるという考え方があります。しかし、現代では昔に比べると浴衣の着方に対する自由な考え方が広まっており、TPOに合わせて腕時計やアクセサリーを身に着けても特に問題はありません。

浴衣に合う腕時計

浴衣に合う腕時計を探す際には、浴衣の袖や裾を傷めない形状であることを重視しましょう。特にケースサイズが大きいものやパーツが大きい時計は袖にひっかかりやすいので、ひっかかりにくいシンプルなデザインのものを選ぶのがおすすめです。また、カジュアルな印象のあるデジタル時計よりもクラシックな印象のアナログ時計のほうが浴衣には合わせやすいということも浴衣に合わせる選び方の注意点として覚えておきましょう。

一方、メタルやレザーのストラップよりも浴衣に合う和装小物を応用したストラップがついた腕時計にも人気があり、Knotでは「組紐」を使用した腕時計用ストラップを発売しています。組紐とは日本の伝統工芸品で、細い絹糸や綿糸を組み上げた紐のこと指し、仏教伝来と共に伝わったことから、仏具をはじめ、茶道具・武具・刀剣の飾りにも使われているのが特徴です。

また、組紐は着物の着崩れを防ぐために着付け時に使用する「帯締め」としても広く用いられており、Knotでは1948年創業の「昇苑くみひも」とコラボレーションした本格的で見た目も素敵な組紐ストラップも取り扱っています。

浴衣に合わせやすいKnotの組紐ストラップ

Knotのおすすめ組紐ストラップと、組紐ストラップに合うおすすめ腕時計をご紹介します。

Knotの組紐ストラップの種類

京都昇苑 シルク くみひも 十三打ちストラップ

13の組紐を1本1本組み込んだ正絹メッシュベルトを使用したストラップです。シルクの美しい発色と通気性・肌触りの良さが大きな特徴となっており、立体的な質感には上質な趣があふれています。バックル部分には同系色の栃木レザーが使用されているため耐久性が抜群であるだけでなく、編み込みのためベルト穴がいらず細かな着用調整が可能です。

image

京都昇苑 シルク くみひもストラップ

ストライプの綺麗な縦模様を取り入れたデザインがおしゃれなストラップです。全8色の豊富なカラーバリエーションは大きなメリットのひとつとなっており、浴衣デート用だけでなく普段使い用や仕事用として色違いのものを複数購入するのもいいでしょう。また、こちらのストラップにもレザータイプのものなどに比べて通気性がよいというメリットがあり、汗を多くかく夏用のストラップとしても適しています。

image

組紐ストラップに合うKnotの腕時計

CS-36 スモールセコンド

特徴

薄いケースとシンプルなデザインの文字盤が特徴のアナログ時計です。

性能

装着感の極めて少ないコンパクトさと文字盤の視認性の高さが魅力です。浴衣を着る際には袖にもひっかかりづらく、ストレスを感じることもないでしょう。

image

国産機械式時計 AT-38

特徴

国内生産にこだわったシンプルな機械式アナログ時計です。鏡面の研磨などの細部に至るまで職人のこだわりが反映されています。

性能

「ザラツ研磨」によるきれいな見た目と文字盤の見やすさが大きな魅力です。また、国産品ならではの耐久性の高さもメリットとして挙げられます。

image

TSC-39 チタニウムソーラークロノグラフ

特徴

チタニウムを使用することで重量を21.5gにまで減らした非常に軽いアナログ時計です。シックな文字盤のデザインは落ち着いた雰囲気を醸し出したいという方におすすめ。

性能

ソーラームーブメントを搭載しており、47分間のソーラー充電で24時間稼働させることができます。また、10気圧防水であるため汗を多くかく夏場の使用にもピッタリです。

image

SQ-32 スクエア

特徴

四角い形状が特徴的なアナログ時計です。人とは違う個性的なものを身に着けたいという方におすすめ。

性能

サファイアガラスが使用されており、文字盤が非常に見やすいというメリットがあります。また、薄さ6.0mm、重さ25gとコンパクトで軽い点でも魅力があり、装着時の違和感はほとんどないでしょう。

image

浴衣デートはお気に入りの腕時計を身に着けて

普段使いに適した腕時計と浴衣との相性が良い腕時計は若干異なるため、浴衣に合う腕時計を持っていないという方も多いのではないでしょうか。そのような方は、まずは浴衣に合う腕時計を探し、さらにストラップを変えることで浴衣に合うようカスタマイズしていくというのもおすすめです。浴衣に似合う腕時計を探して、今年の夏はぜひ浴衣デートにチャレンジしてみてくださいね。