TOP > 伝えたくなる時計の話 > 時間にルーズな人の特徴|遅刻癖を直すための意外な方法とは?

伝えたくなる時計の話

時間にルーズな人の特徴|遅刻癖を直すための意外な方法とは?

20-02-07

時間に厳しく、いつも待ち合わせ場所に早めに到着する人と、のんびりとした性格で仕事でもプライベートでも、時間にルーズになってしまう人がいます。時間にルーズな人も、遅刻することに罪悪感はあるけれど、改善することができず困っていることも多いようです。

突然の病気や、電車の遅れなど、突発的な問題が起こった場合の遅刻ではなく、遅刻癖があると周りに認定されることは避けたいもの。そこで時間にルーズなタイプの特徴や心理と、遅刻癖を直すための意外な方法について、詳しくご紹介していきます。

【目次】
1.時間にルーズな人の特徴
2.時間にルーズな癖を直す方法
3.自分好みの腕時計を作るならKnotがおすすめ
4.お気に入りの腕時計を身に着けて遅刻癖の改善を

時間にルーズな人の特徴

「待ち合わせ時間に遅れる」「時間管理ができない」など、時間にルーズな人の特徴や、時間を守れない原因を見ていきましょう。

自分に甘い

少しくらいなら許される

友人や恋人など、大切な人との待ち合わせに遅刻していくことは良くないと理解していても、「少しくらいなら許される」と考えているところがあります。他人の迷惑を考えないというより、自分に甘いということが原因でしょう。

自分の都合が優先

時間厳守ができる人は、その時間に自分の都合を合わせています。時間が守れないということは、自分の都合を優先しているということなのです。

マイペース

集団行動が苦手

マイペースで集団行動が苦手な人は自分のペースで動くので、「相手に合わせる」という考えが薄くなります。

反省しない

マイペースなタイプは怒られてもあまり真剣に捉えず反省しないことが多く、相手がなぜ怒っているのか、本当の意味で重要なことを理解できていないのです。

責任感がない

約束を守るという意識が少ない

責任感のないと「約束は守らなければいけない」という意識が少ないため、約束を守らない自分を許してしまいます。

時間に対する優先順位が低い

時間にルーズな人は時間に対する優先順位が低く、相手の時間を台無しにしてしまうという意識が低いのです。

忘れるのに記憶に頼りがち

時間にルーズな人は手帳やスマホに連絡事項や予定を書き込まず、記憶に頼ってしまうため、必要なことを忘れてしまいます。

時間にルーズな癖を直す方法

自分が時間にルーズだと自覚していて、克服したいという人のために、ルーズな癖を直す方法をご紹介しましょう。

「信用を失う」という認識を持つ

待ち合わせ時間に遅刻すると、相手の「信用を失う」という認識を持つようにしましょう。

遅刻は相手の時間を奪うことと同じ

待ち合わせの時間に遅れるということは、待っている相手のストレスになり、相手の時間を奪うことと同じです。男性も女性も同様であり、相手の信用を失ってしまうでしょう。

非常識な人間だと思われる

時間を守ることは、人間関係における基本的なルールといえます。それができないと、非常識な人間だと思われ信用を失ってしまうでしょう。

軽んじられていると感じた相手のプライドを傷つける

待ち合わせの相手に遅刻されたとき、自分は軽んじられていると感じます。相手のプライドを傷つける行為によって信用を失ってしまうでしょう。

時間以外にもルーズな人間だと思われる

時間にルーズな人は、時間以外のことにもルーズな人間だと思われ、すべての面で信用を失ってしまいます。

10分前行動を心がける

約束時間の10分前には到着する

約束した時間通りに到着しようとするのではなく、約束時間の10分前には到着するように心がけましょう。自分が時間にルーズだと自覚している場合、約束の時間を目指しても、遅れてしまうということは予想できます。10分前を目指して逆算して行動することで、時間に遅れることがなくなるのです。

目的地に早く着くと、心に余裕ができる

目時地に早く着くと、それだけ心に余裕ができます。それからの行動を落ち着いて考えることができ、気分も良いでしょう。

スケジュールを管理する

約束は必ず手帳やスマホに書き留める

記憶に頼らず、必ず予定を書き留めるようにすることは大切です。時間管理をしっかりして、遅刻がないようにしましょう。

予定を詰め込み過ぎないようにする

遅刻癖のある人ほど、予定を詰め込み過ぎる傾向があります。予定には余裕を持たせて、詰め込み過ぎないようにすることがポイントです。

準備を事前に済ませておく

出かける準備にかかる時間は人によって違いますが、家を出る30分前には、準備を済ませておくようにしましょう。

腕時計を身に着ける

時間はスマホで確認すればいいと考える人もいるかもしれません。しかし遅刻癖を直したい人は腕時計を身に着けることをおすすめします。

小まめに時間をチェックして時間を常に意識できる

腕時計を身に着けていると、時間が常に目につくでしょう。時間を常に意識することで、遅刻癖を直すことができます。

お気に入りの腕時計を身につけるとよい

せっかくなら、お気に入りの腕時計を身に着けるようにしましょう。最近はカスタムオーダーで自分好みの腕時計を作成できるようになっています。自分好みの腕時計であれば時間チェックが苦にならず、遅刻癖も改善できるでしょう。

自分好みの腕時計を作るならKnotがおすすめ

自分好みの腕時計を作りたいときにおすすめしたいのが、「Knotの腕時計」です。デザインや機能は、お好みのものを選ぶことができます。

15,000通り以上の組み合わせから自分好みの腕時計を作れる

すべての時計本体とストラップが付け替え可能

Knotの腕時計は、すべてのベルトに共通のイージーレバー機構を備えています。すべての時計本体が、工具不要のワンタッチで取りつけや取り外しが可能です。

時計の文字盤や針など細かいパーツも変更可能

Knotの腕時計は、時計の文字盤や針などの細かいパーツも、お好みで変えることができます。15,000通り以上の組み合わせから自分好みの腕時計を作れるので、男性でも女性でもお気に入りの一品を手に入れることができるでしょう。

製品を店頭で確認してからカスタムオーダーできる

ギャラリーショップはフルオープンスタイルのディスプレイ

Knotは、ECサイトからはじまったショップですが、現在ではギャラリーショップを国内外に構えています。フルオープンスタイルのディスプレイなので、製品を店頭で自分の目でしっかりと確認してから、カスタムオーダーすることができるのです。

ガラスケース越しではなく、試着もできる

腕時計をガラスケース越しに見ただけでは、実際につけたときの感覚が分かりません。Knotのギャラリーショップでは、製品をガラスケース越しに見るだけでなく、気軽に試着して確かめることができます。デザインだけでなく、着け心地も確認しておきましょう。

高品質とお手頃価格を両立している

製造小売方式を採用

Knotでは、高品質とお手頃価格を両立させるために、厳選した素材を使った製造小売方式を採用しています。このことにより流通コストを削減して価格を抑えた分だけ、一般的な腕時計の原価の3倍近くという、高品質な製品を提供できるのです。

全てのパーツが日本製

Knotの腕時計は、全てのパーツが高品質な日本製になっています。日本人の魂と技が注ぎ込まれた、国産時計なのです。

カスタムオーダー体験

お気に入りの腕時計を身に着けて遅刻癖の改善を

男女問わず、時間にルーズな傾向のある人はいますが、遅刻癖を直すためには「信用を失うという認識をもつ」「10分前行動を心がける」「スケジュールなど自己管理をする」ことが大切になります。また腕時計をつけるという習慣を身につけるも、遅刻癖を改善することにつながるのです。

お気に入りの腕時計を身に着ければ、時間が守れるようになるだけでなく、気持ちも楽しくなります。周りの人たちとの人間関係を良好にするためにも、ぜひ実行してみてはいかがでしょうか。