TOP > 人生を彩るリストウェア > インスタ映えする小物の種類や、写真の撮り方のコツとは?

人生を彩るリストウェア

インスタ映えする小物の種類や、写真の撮り方のコツとは?

20-02-19

「インスタ映え」とは、Instagram(インスタグラム)にアップした写真がひと際美しく見えて、注目されやすくなることを指す言葉です。Instagramは全世界で多数のユーザーが利用している人気スマホアプリのため、人気の写真には非常に多くの「いいね!」が付けられています。Instagramで評価される写真を撮るには、どう工夫すれば良いのでしょうか。
この記事では、インスタ映えする小物の種類や撮影テクニック、フォトジェニックなKnotおすすめの腕時計についてご紹介します。

【目次】
1.インスタ映えする小物の例
2.インスタ映えする小物写真の撮り方
3.インスタ映えするKnotのおすすめ腕時計
4.Knotの腕時計でインスタ映えにチャレンジ!

インスタ映えする小物の例

身近な物をスマホで適当に撮影してInstagramにアップすれば、簡単にインスタ映えするわけではありません。では、どのような小物なら、インスタ映えするのでしょうか。まずは、インスタ映えしやすい小物の選び方からお伝えします。

背景に使える小物

最初に用意したいのが、主役となるアイテムを置くときの「背景」として使える小物です。例えば、調理器具を置く際のカッティングボードやランチョンマットなどを背景として使用すれば、写真全体の色味やトーンを上手に調整できるでしょう。100均ショップなどでもおしゃれなインテリアシートが販売されていますので、何枚か種類を用意しておくと撮影時に重宝します。

ストーリーを連想させる小物

主役となるアイテムや状況に関連する小物があれば、写真1枚でストーリーを想起させることができるためインスタ映えしやすくなります。例えば、海やプールがメインの写真であれば、小物としてサングラスを入れると良いでしょう。

置くだけでおしゃれな雰囲気になる小物

インスタ映えを目指すには、置いてあるだけで写真がおしゃれになる小物を用意しておくと便利です。特に、海外の雑誌や英字新聞、アルファベットをかたどった置物、ドライフラワーなどは鉄板アイテムとして使えます。

インスタ映えする小物写真の撮り方

テーマや被写体ごとにインスタ映えする撮影テクニックは変わります。ここではインスタ映えする撮り方のコツをご紹介します。

真上から撮る

料理や小物など撮影対象のジャンルを問わず、真上から撮影するとおしゃれに見せられます。ただし、照明の位置によっては撮影するスマホの影ができることがあります。その場合は、やや遠くから真上に近い感じでズーム撮影すると影ができにくいでしょう。

おしゃれな壁の前で撮る

おしゃれな壁の前で撮影するのも、鉄板テクニックといえます。東京や神奈川、静岡、大阪、福岡、沖縄など天使の羽の絵が描いてある壁は、壁前で人物を撮影すると羽が生えたように見えるため、インスタ映えスポットとして有名です。人物だけでなく手に持ったアイテムをおしゃれな壁の前で撮れば、効果的な背景として使えます。

自然光を使う

スマホでの撮影時に、「グリッド」を表示する設定に変えると、画面全体に縦線と横線が2本ずつ入って9分割されます。この縦線と横線の交点に人間の注目が集まるといわれており、いずれかの交点に撮りたいアイテムがくるように撮影すると効果的です。アイテムにも目が行きやすく、かつ余白ができたおしゃれな写真に仕上がります。

体の一部を入れる

アイテムだけでなく、あえて体を一部入れてみるのもおすすめです。例えば、料理を食べようとする手を写真に入れたり、靴に足を入れて履いた状態で撮影したりすると、写真にストーリーが生まれ、見た人がシチュエーションを想像しやすくなります。

写真全体の色合いを考える

色合いで写真の印象は大きく変わります。自分の演出したい印象に合わせて、色数の多いカラフルな写真を撮ってみたり、あえて2色以内に抑えたりして調整してみるのが良いでしょう。また、同じ色のアイテムを背景まで同色に揃えて撮れば統一感が生まれ、ワンランク上のおしゃれな写真になります。

アイテムの並べ方に気を配る

並べ方一つで印象は変わります。例えば、お店で陳列されているように整然と並べてみたり、同じジャンルで形状の違う商品で隙間を埋めてみたりする方法が一般的です。ほかにも、同じ形状のアイテムを模様状に並べたり、一眼レフでの撮影のように特定の商品1点にだけピントを合わせて周囲をぼかしたりするテクニックもあります。

インスタ映えするKnotのおすすめ腕時計

Instagramに写真をよく上げられる定番の小物が腕時計です。腕時計は男女ともに使用するアイテムなので共感が得やすく、インスタ映えの期待が持てます。日本製の腕時計を1万通り以上の組み合わせからカスタムオーダーできるKnotなら、自分好みのデザインを見つけやすいでしょう。インスタ映えを目指せるKnotおすすめのモデルをご紹介します。

CC-39 クロノグラフ

懐中時計をベースとした精悍(せいかん)なフェイスデザインが特徴の「CC-39 クロノグラフ」は、インスタ映えしやすいモデルです。ヴィンテージ感の漂う画びょう型プッシュボタンは、アンティーク時計が好きなフォロワーにもきっと響くことでしょう。
中でも、ケースや文字盤、時針分針などすべてのパーツにローズゴールドをあしらったカラーリングのモデルがおすすめです。この一本に合わせたいストラップがメタル素材の「ミラネーゼメッシュ」で、均整の取れた編みこみ模様により、時計の持つ上品さが引き立ちます。ストラップもバックルまでローズゴールドのタイプを選べば、世界観を統一できて、インスタ映えするでしょう。

SQ-32 スクエア

クラシックさの中にも新しさを感じられるデザインに加え、コンパクトな32mmケースを実現した「SQ-32 スクエア」も、インスタ映えしやすい逸品です。正方形に削ったサファイアガラスと存在感のあるアラビックカウンターの文字盤は、見る人の多くを魅了するでしょう。
おすすめのカラーリングは文字盤がネイビーの「SQ-32SVNV1」です。シルバー×ホワイトの針とのコントラストが、クールでスタイリッシュな印象を与えます。また、これに合わせるストラップとして、「栃木レザー オリジナルメッシュストラップ」のネイビーモデルはいかがでしょうか。あえて色合いを同じにすることで、文字盤と革という異素材の色味が微妙なコントラストを生み出し、見る人を魅了します。

Knotの腕時計でインスタ映えにチャレンジ!

インスタ映えする写真をアップするためには、撮影対象となる小物選びが重要です。Instagramに上げたいアイテムが決まったら、真上から撮る、スマホのグリッド機能を使うなど撮影方法を工夫してみましょう。その上で、アイテムと背景の色合いを考えたり、体の一部を入れるなどして、ストーリー性を持たせることがインスタ映えさせる基本テクニックです。
腕時計は腕に装着して写真を撮ることができる上、カラーリングも豊富なことから、インスタ映えに適した小物と言えます。特にカスタムオーダーができるKnotなら、文字盤や針の色まで細かく選択可能です。Knotのお店で腕時計やストラップを購入したお客様は「#knotwatch」というハッシュタグを付け、たくさんの写真を投稿しています。Knotは公式Instagram(@makers_watch_knot)を運用しており、こちらでもお客様の腕元をおしゃれに撮った写真が確認できます。Knotの腕時計に興味のある方はお近くのMaker’s Watch Knot ギャラリーショップ、またはKnotのホームページをご覧ください。