TOP > 人生を彩るリストウェア > コードバンとは?「革のダイヤモンド」と呼ばれる上質な革素材の魅力

人生を彩るリストウェア

コードバンとは?「革のダイヤモンド」と呼ばれる上質な革素材の魅力

20-02-25

高い耐久性を持つことから、「革のダイヤモンド」と呼ばれるコードバン。美しい光沢感があり、落ち着いた雰囲気を好む人に人気です。牛革やワニ革などほかのレザーと同様に、使い込むことで経年変化(エイジング)による味わいの移り変わりを楽しめるので、長期間にわたって愛用できます。しかし、使い方が悪いと傷が付いたり、色が落ちてしまったりする可能性があり、取り扱いには注意が必要です。この記事では、コードバンの基礎知識や特徴、使用するときの注意点などをご紹介します。

【目次】
1.コードバンの基礎知識
2.コードバンの特徴
3.コードバン製の革製品を使うときの注意点
4.使うほどに魅力が増すコードバン

コードバンの基礎知識

コードバンは皮革の一種で、主に革製品に用いられる素材です。まずはコードバンについての基礎知識と用途について確認しておきましょう。

コードバンとは?

コードバンとは馬のお尻(臀部)の表皮を削って作られた革素材のことです。馬のお尻にはコードバン層と呼ばれる2ミリメートル程度の繊維質があり、この層を加工して革製品にしています。牛革やワニ革など一般的な革素材との違いは、皮膚表面を使用せずコードバン層のみで作られる点です。採取できる部分が限られるので希少性が高く、加工が難しいという特徴もあります。
コードバンを使った革製品は価格が高めですが、丈夫で長持ちします。また、エイジングにより、深い光沢と重厚な質感が加わり、使い込むほどに革の表情が変化することもコードバンの魅力です。

コードバンが使われる主な革製品

コードバンが用いられる革製品の代表は腕時計のベルトです。コードバンが持つ光沢感によって、シンプルな中にも落ち着いた雰囲気を出せるので、比較的年齢を重ねた男性に人気です。
長財布、二つ折り財布といった財布類や小銭入れ、パスケース、名刺入れ、ペンケースなどの小物入れ、鞄、靴にもコードバンを使った製品があり、いずれも素材の美しさを活かすため、シンプルなデザインに仕上げられています。
その他、コードバンはランドセルの素材としても用いられます。耐久性に優れたコードバンは、長期間使用するランドセルでもシワなどができにくく、見た目の美しさが保たれるというメリットがあるためです。

コードバンの特徴

腕時計のベルトや財布、小物入れなどさまざまな商品に使用されるコードバン。ここでは、コードバンが持つ特徴について、詳しく見ていきましょう。

高い耐久性

コードバンは牛革やワニ革などの革製品と比べて耐久性の高さが特徴です。コードバンの強度は牛革の2~3倍程度と言われており、「革のダイヤモンド」「革の宝石」「革の王様」などと呼ばれています。コードバン層の繊維組織は非常に緻密で、水や空気を通さないことからシミや汚れ、裂傷などに強く、丁寧に手入れをすれば長い期間使用できます。

つやのある質感

コードバンは長く使い込むほど色合いが変化し、美しい光沢が出てきます。表面に吹き付けられているロウが革に染み込み、浸透していくためです。ロウが馴染んでいくにつれてマットな質感から陶器のような輝きを持つ質感に変わるので、革の表情や風合いの変化を楽しみたい人におすすめの素材です。使い始めは硬めですが、使っていくうちに革自体が徐々に柔らかくなり、肌触りが良くなります。

希少性

コードバンの原皮は1頭の馬から少量しか取れません。さらに、コードバン層を採取する馬は農耕馬のみを対象としているため、材料となる母数自体が限られます。また、コードバンは加工が難しく、馬の皮から加工された革を作り出す「タンナー」と呼ばれる職人が国内に少ないことも、コードバンの希少性を高めています。

コードバン製の革製品を使うときの注意点

耐久性に優れているコードバンですが、革素材ならではの弱点もあります。きれいにエイジングさせるためにも、正しい扱い方を確認しましょう。

水濡れや汗に注意する

コードバンは水や汗などの水分に弱いため、取り扱いには注意が必要です。水が付着すると、膨れたような跡が残るおそれがあります。また、汗が付いたまま置いておくと、水分による影響だけでなく、汗に含まれる成分によって変色する可能性もあります。
日常使いのアイテムで水分に注意しなければならないのはデメリットに感じるかもしれません。しかし、ちょっとしたポイントに気を付けるだけで水濡れや汗による問題は避けられます。例えば、「鞄の中ではペットボトルなど水漏れの可能性があるアイテムの近くに置かない」「ポケットなど肌に近い場所にしまわない」など、普段から水分と接しないよう注意するとともに、使用後は乾いた柔らかい布で水分を拭き取るようにしましょう。

傷が付かないように丁寧に扱う

コードバンは高い耐久性を持ちますが、傷が目立ちやすい素材です。光沢感があるので、わずかな傷でもはっきり見えてしまいます。鞄の中で動きやすい状態で持ち歩いたり、鍵やキーホルダーなどの尖った金属類と近い場所に収納したりすると、ぶつかって傷が付いてしまう可能性があります。そのため、内ポケットなどほかのアイテムと触れ合わない場所に入れておくのが良いでしょう。もっとも、浅い傷であればエイジングにより目立たなくなります。日頃から丁寧に扱うことを意識していれば、使用感に影響が出るほどの傷は付きにくいでしょう。

定期的にお手入れを行う

コードバン製の革製品を長く使うためには、定期的なお手入れが大切です。日々の使用後には柔らかな布で乾拭きし、時折お手入れアイテムを使ってケアを行いましょう。
お手入れに使用するアイテムは、主にクリームとブラシです。クリームは革の栄養補給やつやを保つために欠かせないお手入れ道具で、塗り込めば革に潤いを与えられます。革製品用のクリームは多数販売されていますが、コードバン特有のつやや質感を保つには、素材に応じた専用クリームの使用がおすすめです。
ブラシは表面についたホコリを取ったり、クリームを塗ったりするときに使用します。ホコリは革の油分を吸い取ってしまうため、革製品の表面に付着した状態のまま放っておくと、革が乾燥してしまいます。ブラシを使って定期的にホコリを落としましょう。
その他、お手入れに使うアイテムとしては、古い汚れやワックスを落としたい場合に使用するリムーバーとリムーバークロスがあります。ただし、使い過ぎると革の色が濃くなってしまう可能性があるため注意が必要です。

使うほどに魅力が増すコードバン

牛革やワニ革よりも高い耐久性と、使えば使うほど増していくつややかな質感がコードバンの魅力です。丁寧に取り扱えば、経年変化を楽しみながら、長い間愛用し続けられます。手入れには少し手間がかかりますが、毎日身に着けるアイテムだからこそ、こだわりと愛情を持ってじっくりと育てていきましょう。