TOP > 人生を彩るリストウェア > ウェアラブル端末とは?生活を高度に進化させる最新デバイスの特徴

人生を彩るリストウェア

ウェアラブル端末とは?生活を高度に進化させる最新デバイスの特徴

20-02-25

「IoT」という言葉が浸透するにつれ、デバイスの一つである「ウェアラブル端末」の人気が高まっています。ウェアラブル端末といえば「スマートウォッチ」が一般的ですが、ほかにもさまざまな種類があり、それぞれ用途や機能が異なっています。この記事では、あらためてウェアラブル端末全般についての基礎知識を解説するとともに、おすすめの商品をご紹介します。

【目次】
1.ウェアラブル端末の基礎知識
2.【種類別】ウェアラブル端末の特徴
3. Knotがおすすめする腕時計型ウェアラブル端末
4.機能性とデザインに優れたウェアラブル端末がおすすめ

ウェアラブル端末の基礎知識

スマートウォッチの存在は知っていても、ウェアラブル端末と言われると、まだ馴染みがないという人もいるでしょう。ここではまずウェアラブル端末の基礎知識をお伝えします。

ウェアラブル端末とは

ウェアラブル端末とは、スマートフォンやノートPC、タブレットなどの携帯端末とは違い、身に着けるタイプのデバイスのこと指します。たとえば、腕時計型ウェアラブル端末や眼鏡型ウェアラブル端末、カメラ型ウェアラブル端末などが一般的です。

ウェアラブル端末のメリット・デメリット

・メリット
スマートフォンなどの携帯端末と連携させることで、電話の着信やメール、SNSの通知をスマートフォンでチェックすることなく受けられる点が、まずメリットとして挙げられます。中には携帯端末を取り出さなくても、通話やメールの返信ができるタイプもあります。また、歩数や移動距離、消費カロリーだけでなく、心拍数や睡眠時間といった健康に関する詳細なデータを計測できるものもあります。

・デメリット
携帯端末以外にもう一つデバイスを使用することになるため、充電の手間が増えてしまうことがデメリットに挙げられます。また、ウェアラブル端末の選定は、今使っている携帯端末に対応したものに限られます。さらに、SIMカードなどを使って単体で利用する場合には、別途通信料がかかることも頭に入れておきましょう。

【種類別】ウェアラブル端末の特徴

ウェアラブル端末は大きく3種類に分けられます。ここでは、種類別のウェアラブル端末の特徴をご紹介します。

腕時計型ウェアラブル端末

ウェアラブル端末の中で幅広く浸透しているのは、腕時計型ウェアラブル端末です。時刻確認以外の機能を持つ腕時計が欲しいという人に向いています。たとえば、スマートフォンに届いたメールや着信の通知、心拍数、歩数、消費カロリーの計測をはじめ、音楽アプリの操作や睡眠時間の記録など日常生活に役立つ機能を、スマートフォンよりもっと自然に携帯し活用できるのが腕時計型ウェアラブル端末の特徴です。

腕時計型ウェアラブル端末は、さらに「ウォッチ型」と「リストバンド型」の2種類に分かれます。

・ウォッチ型
いわゆる「スマートウォッチ」と呼ばれるタイプの端末です。スマートフォンと連携することで、スマートフォン本体を取り出さずともメールやSNSなどの着信がわかります。たとえば、仕事に集中するためスマートフォンの確認回数を抑えておきたいという人におすすめです。GPSを利用した地図アプリなどビジネスシーンで使える機能も多く、「歩きスマホ」状態にならずに素早く情報を得られる点が特徴といえます。また、デザインも豊富なので、TPOやファッションに合わせて選べる点も魅力です。

・リストバンド型
その名の通り、リストバンドの形をしたウェアラブル端末です。手首に巻くこと自体はウォッチ型と同じですが、主に日常生活の記録や健康管理を目的とする人が活動量計として利用することが多いタイプです。もちろん、どの端末もス マートフォンとの連携は可能ですが、ウォッチ型より機能面は抑えられています。その分、デザインのコンパクト性を魅力と感じる人もいるでしょう。また、心拍数の測定など健康管理に役立つデータを細かく測定できる点も特徴です。

眼鏡型ウェアラブル端末

眼鏡型ウェアラブル端末とは、一般的な眼鏡やゴーグルのような形をした、いわゆる「スマートグラス」と呼ばれる端末のことを指します。両手が空いた「ハンズフリー」の状態で情報を確認したり映像を視聴したりできる点が特徴です。作業しながら使えるという可能性の高さから、一般向けのほかにも、医療や製造業、観光などさまざまな用途に向けた端末が開発されています。眼鏡型ウェアラブル端末には、主に「一般的な眼鏡型」と「ゴーグル型」の2種類があります。

・一般的な眼鏡型
通常の眼鏡と同じようにかけて装着します。眼鏡のレンズにあたる部分で映像を視聴するだけでなく、ランニング時のペースや目的地までの距離を表示したり、視線の動きから集中力や眠気を計測したりなど、さまざまな機能を持つモデルがあります。

・ゴーグル型
一般的な眼鏡型よりも目元をしっかりと覆うタイプです。視覚が限られている分、より映像に没入できるため、ARやVRを用いたエンタメコンテンツの観賞目的で用いられるのが一般的です。

カメラ型ウェアラブル端末

カメラ型ウェアラブル端末とは、「アクションカメラ」とも呼ばれるハンズフリーで撮影ができる小型カメラのことを指します。頭部に装着することが多く、人の目線から見た映像を撮影できる点が特徴です。ダイナミックで臨場感のある映像が撮れるため、アウトドアやスポーツシーンなどでの使用に向いています。また、防水性と耐久性に優れており、中には水中撮影が可能なモデルもあります。そのため、カメラ型ウェアラブル端末の愛用者には、サーファーやダイバーなどが多く見られます

機能性とデザインに優れたウェアラブル端末がおすすめ

ひとくちにウェアラブル端末といってもさまざまな種類があり、それぞれ向いている用途や機能も異なります。まずは使いたい機能やシチュエーションから端末の種類を選んだうえで、自分好みのデザインのモデルを選ぶのが良いでしょう。