TOP > 人生を彩るリストウェア > イメージカラーとは?色別の心理効果とおすすめストラップ

人生を彩るリストウェア

イメージカラーとは?色別の心理効果とおすすめストラップ

19-04-09

ファッションやインテリア、街の色彩など、色はその場の印象を演出するだけでなく、人の心理状態にも影響を与えます。色彩の心理的効果を活かした企業のコーポレートカラーなどの取り組みもその一環です。それは個人に対しても同様で、イメージカラーを上手に取り入れることで、演出したい自分を表現することが可能です。では、それぞれの色の違いによって、どのような心理的効果を与えることができるのでしょうか。この記事では、色にまつわる基礎知識と色ごとに与える印象の違いなどをご紹介します。

【目次】
1.イメージカラーを身に着けるメリット
2.イメージカラーが与える印象の違い
3.【イメージカラー別】Knotおすすめの腕時計ストラップ
4.イメージカラーの活用で理想の自分に

イメージカラーを身に着けるメリット

イメージカラーには自分が表現したい個性や印象を相手にわかりやすく伝える効果があります。ここでは、イメージカラーを身に着けるメリットをお伝えします

イメージカラーとは

その人の性格や人柄を表現する色をイメージカラーと言います。芸能人やアイドル、アニメのキャラクターなどにイメージカラーを設定しているのは、色によって個性を立たせ、覚えてもらいやすくするという目的があります。

イメージカラーのアイテムを身に着けるメリット

明るい色の服を着ると気分が前向きになったり、周囲に活発なイメージを与えられたりできると言われているように、身に着ける色で自分の感情や相手の印象を変えることが可能です。このような、色が人に与える心理的効果や影響を「色彩感情」と呼びます。
イメージカラーを選ぶときは、相手にどのような印象を与えたいか、どのような人に見られたいかを考慮して決めると良いでしょう。また、自分が好きな色を身に着けることで気分転換になります。落ち込んでいるときには、お気に入りの色のアイテムを取り入れて憂鬱な気持ちを吹き飛ばしましょう。

イメージカラーが与える印象の違い

イメージカラーは身に着ける本人だけでなく、周りの人にも心理的効果を与えます。色ごとに与える印象の違いについて見ていきましょう。

赤は前向きな気持ちや生命力、情熱を表す色です。赤を身に着けることで、周囲に対し勇気や愛情、勝利、積極性といったイメージを与えられます。決断力や行動力に優れた人物像を印象付けられるため、周囲にリーダーシップを示したいときに着用すると良いでしょう。

青には気持ちを落ち着かせる効果があり、誠実さや知性、開放感、爽やかさなどを表すと言われています。冷静で頼りがいのある人という印象を与えられるため、ビジネスシーンで多く使用されています。

若さや新鮮さ、癒しを意味する緑は、見る人に穏やかな人、おおらかな人という印象を与える効果があると言われます。相手に安心感を抱かせるため、信頼を得たいときや穏やかに話し合いたいときなどに身に着けると良いでしょう。

ピンク

ピンクは優しさや幸福感、愛情を表す色で、女性らしさや思いやりのある印象を与えたいときに身に着けると効果的です。また、やわらかなイメージがあるため、ファッションのアクセントとして取り入れると、全体の印象をカジュアルダウンできます。

紫は芸術性や想像力など、感性豊かなイメージを与える色です。イギリス王室がロイヤルカラーとして用いており、気品や高貴さ、優雅さを表す色としても用いられます。一方で、中性的な印象を与える可能性もあるので、身に着けるシーンには注意が必要です。

黒は強さや高級さ、神秘性などを連想させる色です。そのため、黒のアイテムを身に着けると、意志が強く、統率力に長けているという印象を与えられます。威厳を感じさせる色でもあるので、近寄り難いイメージを持たれないよう、立ち居振る舞いには気を付けましょう。

新鮮さや清潔さを表す白は、平和、健康といったイメージを抱かせる色です。清廉潔白な印象や正義感の強さを示したいときに着用すると効果的です。ただし白は膨張色ですので、身に着けるときは黒や青などの収縮色を組み合わせてバランスを取ると良いでしょう。

 

【イメージカラー別】Knotおすすめの腕時計ストラップ

イメージカラーは、腕時計のストラップでさりげなく取り入れても効果が期待できます。ここでは、イメージカラー別におすすめの腕時計ストラップをご紹介します。

イメージカラー:赤

栃木レザー オリジナルメッシュ ストラップ
天然由来のタンニンで鞣(なめ)された栃木レザーを使用し、1本1本を手編みしたカジュアルな印象のメッシュストラップです。長く使い続けることで、心地良く手首にフィットし、レザー特有の味わいを楽しめます。派手過ぎず深みのある赤に仕上げているので、アクセントとして取り入れやすいのもポイントです。

イメージカラー:青

岡山タケヤリ帆布 ストレートシェイプストラップ
1年間にわたり試作や検証を繰り返してようやく完成した「岡山タケヤリ帆布 ストレートシェイプストラップ」。使い始めは帆布ならではのハリが感じられるものの、次第に柔らかな肌触りに変化していきます。帆布ではめったに見られない鮮やかで深みのある色合いが美しい1本です。

イメージカラー:緑

岡山 髙田織物 畳縁 ストレートシェイプストラップ
古くから日本の伝統文化を支えてきた畳縁をリストウェアへとアレンジしたのが、「岡山 髙田織物 畳縁 ストレートシェイプストラップ」です。武家屋敷に多く見られる端正な格子柄をデザインに採用しています。落ち着いた印象を覚える緑のストラップは、性別を問わず幅広い年代の人におすすめです。

イメージカラー:ピンク

クロコダイルスタンパードストラップ
日本の型押し技術を用い、国内で鞣した高品質なレザーにクロコダイルレザーの細かい凹凸を表現したストラップです。腕まわりが細い女性にも使いやすいよう、テーパード型のトラディショナルシェイプに仕上げました。優しい印象を与えたいときには、ピンクのストラップに着け替えて、腕元を華やかに彩りましょう。

イメージカラー:紫

京都昇苑シルク くみひも 十三打ち
仏具や茶道具などの装飾品として主役を引き立てる組み紐を、13本組み合わせてストラップに仕上げました。ベルト穴がないため細かくサイズ調整が可能で、カラーバリエーションも6色と豊富。中でも、鮮やかで美しい発色が楽しめるバーガンディがおすすめです。また、バックル部分には栃木レザーを採用し、経年変化を楽しめる1本となっています。

イメージカラー:黒

ミラネーゼメッシュ
ビジネスシーンからプライベートまで幅広く活躍するステンレスメッシュベルト。均整のとれた網目模様と厚み2ミリメートルの肉厚ボディーが腕時計の魅力を引き立てます。高級感のあるステンレスメッシュベルトは、黒を選ぶと重厚な印象を与えられます。リーダーシップやプロフェッショナル感を示したいときに着用すると良いでしょう。

イメージカラー:白

姫路セミグレインレザー ストラップ
なめらかな手触りが特徴の姫路産セミグレインレザーを用いたストラップです。ボックスカーフと呼ばれる型押し革をモチーフにし、上品なデザインに仕上げました。薄手でありながら革特有の弾力が感じられ、細い女性の腕にも馴染みます。清廉潔白で品のある印象を与えたいときにぴったりの1本です。

イメージカラーの活用で理想の自分に

自分や周囲の人の心理に影響を与えるイメージカラーは、仕事やプライベートなど幅広いシーンで活用できます。派手な色や普段身に着けない色を取り入れるのは勇気がいりますが、腕時計のストラップなど、小物からチャレンジすると違和感なく身に着けられるのではないでしょうか。
Knotの腕時計はストラップを簡単に交換できるので、その日の気分やシーンなどに応じてイメージカラーを使い分けられます。お気に入りの腕時計にイメージカラーのストラップを合わせて、理想の自分を演出してみませんか。